top of page

SAP ジャパンサポートニュース( 2023 年 6月)


本サポートニュースは、お客様の運用や導入計画に役立つ情報を発信しています。サポートポータルやヘルプポータルと合わせて、情報取得のツールとしてご活用ください。よろしければ、ご覧いただけていない方々へ本ページをご紹介いただければ幸甚に存じます。


今号のラインナップです。




SAP ジャパン株式会社

SAP サポートニュースレター(日本)事務局


 


▶▶SAP for Me - SAP Notes 翻訳依頼方法


SAP Notes/Knowledge Base Article (KBA) は、自動翻訳機能をご利用いただくことで、お客様のご希望の言語で (現在 10 言語に対応) ご確認いただけますが、機械翻訳では内容を十分に理解できない場合は、専門の翻訳者による日本語翻訳を提供しております。新しく SAP サポートへのエントリポイントとなりました SAP for Me では、SAP Notes 翻訳依頼方法が新しくなりましたので、ご注意ください。


SAP for Me での SAP Notes 翻訳依頼方法

SAP for Me で SAP Notes の機械翻訳を表示していただくと、画面右上に翻訳依頼ボタン (“文”と”A”が組み合されたアイコン) が表示されます。そのボタンをクリックしていただくと専門の翻訳者による翻訳が開始されます。詳細につきましては、SAP KBA 2595923 - SAP Notes および SAP KBA サービス情報: 日本語をご覧ください。


また、SAP for Me からご依頼いただけるのは、SAP Notes の翻訳のみとなっております。SAP KBA の日本語翻訳が必要となる場合は、コンポーネント XX-TRANSL-NOTE-FDBK をご指定の上ケースを登録してください。


なお、SAP Notes/SAP KBA の自動翻訳方法、機械翻訳に関するフィードバックの提供方法はSAP for Meでも変更ありません。


SAP Notes/KBA の翻訳依頼に関するお問合せはこちらまでお願いいたします。


 

▶▶お客様毎の状況・環境に応じた無料コンサルテーションが好評です

6 月 29 日 (木) 開催 「SAP S/4HANA への移行計画を作るワークショップ」


Zoom のブレークアウトルームを使った、お客様毎への QA 方式によるコンサルテーションが大変好評をいただいています。従って 1 回につき数社限定です。


お申込みはこちらまで


1.SAP S/4HANA 移行プロジェクト計画立案にあたり計画フェーズでのタスク、コスト見積もり要素、

  スケジュール見積もり要素、リスクなど実事例を踏まえご紹介

2.事前アンケート結果を使用した簡易セルフアセスメントの実施

3.お客様毎に分かれてのアセスメント結果に関するディスカッション

4.SAP S/4HANA 移行プロジェクト計画始動にむけて SAP 提供のツールやサービスの活用方法、事例のご紹介

5.お客様毎に分かれての移行プロジェクト計画に関するディスカッション


 

▶▶クラウド製品ご利用のお客様も CQC サービスをご活用ください

SAP Enterprise Support 契約のお客様は、追加費用なしで、継続的品質チェック(Continuous Quality check [CQC])というリモート解析サービスをご利用いただけます。

CQC サービスは、オンプレミスの製品だけではなく、クラウド製品でもご利用いただけます。


例えば、Ariba、Business Technology Platform (BTP)、Integrated Business Planning (IBP) などでは、お客様の設定を分析 ・ 潜在的なリスクを検証することで SAP の推奨事項を提供する CQC Deployment Readiness Check サービスにより、安全な Go-Live を目指していただけます。 また、Integrated Business Planning (IBP)、SAP Analytics Cloud、SAP S/4HANA Cloud Private Edition などでは、パフォーマンスをチューニングする CQC Business Process Performance Optimization をご利用頂けます。SAP S/4HANA Cloud, private edition の Go-Liveリスクを軽減する CQC for Private Cloud Go-live もございます。


各 CQC サービスの詳細な利用条件や説明については、情報シートをご参照ください。

SAP ONE Support Launchpad および SAP for Me からのサービス依頼方法は、サポートポータルに記載がございます。

いつ、どのサービスを利用できるのか、より詳しい説明をご希望の場合は、SAP ヘルプデスク (CIC)にご相談ください。

 

▶▶SAP S/4HANA への移行は難しい? 成功させるには・・・(ライブセッション)


企業のデジタルトランスフォーメーションが注目されている今、それを推進する SAP S/4HANA への移行をご検討中のお客様もますます多くなってきていると思います。この 4 日間のライブセッションでは、SAP S/4HANA への移行プロジェクトをスムーズに運ぶために、移行に必要なアクティビティを、会計・得意先・仕入先・カスタムコードに関するもの含めて SAP 技術者がわかりやすく説明します。また、疑問点があれば直接 SAP 技術者に質問できます。


ご契約形態により受講資格のあるお客様は、保守費用の範囲内でご参加いただけます。(追加費用は発生しません

SAP S/4HANA や SAP S/4HANA Cloud, private edition を、コンバージョンシナリオで導入することを検討されているお客様は、ぜひご参加ください。


7 月 11 日 (火) ~ 7 月 14 日 (金) 10 : 00 ~ 最大 12 : 00

申込締切日: 7 月 3 日 (月)


- SAP S/4HANA コンバージョンプロジェクトの主なアクティビティ

- 会計 (Finance) に関するアクティビティ

- 得意先と仕入先 (Customer and vendors) に関するアクティビティ

- カスタムコードに関するアクティビティ

- ダウンタイムの最適化 など


※ 各日程の具体的な内容は、セッションタイトルのリンクからご確認いただけます。

※ 初回のお申込みには、Learning Hub, Enterprise Support Edition への登録が必要です。こちらよりご登録をお願いいたします。


 

▶▶SAP S/4HANA の財務会計モジュールの基礎をお伝えする 4 日間!(ライブセッション)


SAP S/4HANA の財務会計モジュールについて、「実際どのような機能があるのか?」 「どのように使用するかイメージを持ちたい」 とお考えではありませんか? 今回は、 SAP S/4HANA の財務会計の基本をお伝えする 4 日間のライブセッションをご紹介します。期間中の午前中 1 ~ 2 時間で、SAP S/4HANA の財務会計のメリットや機能について、SAP エキスパートがデモやハンズオンを交えながらわかりやすく詳細に説明します。また、セッション期間中は、疑問点を SAP 技術者にいつでも直接質問できます。 もちろん、SAP S/4 HANA の財務会計をご利用中のお客様が、機能をより深く理解するために受講いただくことも可能です。ご興味のあるお客様は、是非お申し込みください。 ご契約形態により受講資格のあるお客様は、保守費用の範囲内でご参加いただけます。(追加費用は発生しません SAP S/4HANA Finance : 基礎編 7 月 25 日 (火) ~ 7 月 28 日 (金) 10 : 00 ~ 最大 12 : 00 申込締切日: 7 月 17 日 (月) お申込みはこちら

  • SAP S/4HANA の概要

  • SAP S/4HANA 財務会計のメリット

  • ユニバーサルジャーナルと財務に関する主要トピック

  • SAP S/4HANA 財務会計の追加機能



※ 各日程の具体的な内容は、セッションタイトルのリンクからご確認いただけます。

※ 初回のお申込みには、Learning Hub, Enterprise Support Edition への登録が必要です。こちらよりご登録をお願いいたします。



 

▶▶クラウド時代の ALM - SAP Cloud ALM をご存じですか?(ライブセッション)


SAP 製品を導入から運用に渡って一元管理できるクラウドの ALM ツール、SAP Cloud ALM をご存じでしょうか。 SAP Cloud ALM は、利用申請すると 15 分程度でパブリッククラウド上に環境が用意される、従来の SAP Solution Manager と比べて非常に準備が簡単な ALM ツールです。SAP Cloud ALM は、SAP のクラウドサブスクリプションや SAP Enterprise Support 契約をお持ちのお客様は追加費用なしでご利用いただけます。

今回、SAP Cloud ALM の概要や基本的な利用方法をお伝えする 5 日間のライブセッションを開催します。このライブセッションでは、お客様が SAP Cloud ALM の環境をリクエストした後の初期設定の手順と、各機能の基本的な使い方を、デモを交えて講義形式でご案内します。


この機会に SAP Cloud ALM の使用を開始するお客様はもちろん、情報収集中のお客様のお申込みも大歓迎です。また、SAP Cloud ALM テナントの準備がセッション開始日までに間に合わなくても、セッションの進行には問題ありません。ぜひお気軽にお申込みください。


このセッションは、ご契約形態により受講資格のあるお客様は、保守費用の範囲内でご参加いただけます。(追加費用は発生しません


7 月 31 日 (月) ~ 8 月 4 日 (金) 10 : 00 ~ 最大 12 : 00

申込締切日: 7 月 21 日 (金)


※ 各日程の具体的な内容は、セッションタイトルのリンクからご確認いただけます。

※ 初回のお申込みには、Learning Hub, Enterprise Support Edition への登録が必要です。

  こちらよりご登録をお願いいたします。


 

▶▶重要ノート (HOTNEWS)のご案内


2023 年 5 月にリリースされた、優先度:最優先 (HotNews) の SAP Notes をご紹介します。

詳細は、各ノートをご確認ください。


[ 5 月にリリースされた HotNews ]


SAP Note 3310301(コンポーネント: XX-SER-NET)

保守作業 sapserv7/sapserv9


SAP Note 3330108(コンポーネント: PM-WOC-MO)

入力可能な外部調達構成品目の購買詳細 (購買依頼/入庫数量)


SAP Note 3307833(コンポーネント: BI-BIP-SRV)

(CVE-2023-28762) SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームにおける情報公開の脆弱性


SAP Note 3328495(コンポーネント: CA-VE)

SAP 3D Visual Enterprise License Manager で使用される Reprise License Manager 14.2 コンポーネントに関連する複数の脆弱性


重要ノート情報(優先度:最優先 (HotNews) の SAP Notes)は、SAP Support Portal の 重要ノート (HotNews) 情報→ [2023] よりご確認いただけます。


セキュリティ関連のノートとニュースは、SAP Support Portal のセキュリティ関連のノートとニュースよりご確認いただけます。


 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ご質問等はsap-support-newsletter-japan@sap.comまでお寄せください。


SAP ジャパン株式会社

SAP サポートニュースレター(日本)事務局

Comments


bottom of page