top of page

JSUG意識調査2023エグゼクティブサマリー「S/4HANAへの移行検討状況比較2023」公開のお知らせ


ジャパンSAPユーザーグループ(事務局:東京都渋谷区、会長:数見 篤、以下JSUG)は、「S/4HANAへの移行検討

状況比較2023」の資料を公開しました。


本資料は、JSUGが2016年度より毎年実施している「SAP S/4HANAの導入・活用に関する会員企業の意識調査2023」のエグゼクティブサマリーとして、JSUGが独自にまとめたもので、調査対象の60%を超える会員企業からの回答に基づくものです。


調  査  名:SAP S/4HANAの導入・活用に関する会員企業の意識調査2023

調 査 期 間 :2023年6月26日〜9月8日

調 査 対 象 :JSUG法人会員各社

主要調査項目:

・JSUG会員企業のERP活用状況

・S/4HANAへの移行検討状況

・SAP製品以外への移行検討状況

・S/4HANA導入済み企業の状況

・RISE with SAPの活用状況

・クラウド導入やグローバル展開の状況など


なお、調査結果の全文は、回答した会員企業の代表者、およびJSUGサポーター58社にのみ開示しています。

ご興味のある方は、JSUG事務局(info@jsug.org)までご連絡ください。


※ジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)について

ジャパンSAPユーザーグループ(Japan SAP Users' Group、略してJSUG、ジェイサグ)は、SAPユーザーが自ら運営するユーザーコミュニティです。

エデュケーション:「SAPソリューションに関する最新情報の共有と研鑽」、ネットワーク:「会員相互の親睦、交流」、インフルエンス:「SAP社の戦略や製品への影響」の3つを主な活動目的として1996年に発足しました。

現在では、約570社(2023年4月1日現在)が加盟するまでに拡大し、産業別/機能別/地域別で運営されている部会/コミュニティで日々活動が行われています。 (info@jsug.org)



Comments


bottom of page