top of page

「SAP S/4HANAの導入・活用に関する会員企業の意識調査2022」実施報告




JSUGNET利用登録者 各位


日頃よりJSUG活動にご理解、ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

JSUGでは昨年度に続き、会員企業が現在ERPをどのように活用し、最新のSAP S/4HANAをどう捉えているかについて、2022年6月20日〜9月9日の期間で意識調査を実施しました。


調査の精度を高めるため、今年度も、法人会員1社につき、1回答というルールを適用し、最終的に、調査対象の60%を超える会員企業(282社)から貴重な回答が寄せられました。


この場を借りて、ご協力いただいた方々へ御礼を申し上げます。


この度、その分析結果のサマリーを

『デジタルビジネス時代に向けたSAPソリューションへの見解 SAP S/4HANAの導入・活用に関する会員企業の意識調査2022』としてまとめました。

本調査結果は、今後の活動に役立てていただけるよう、ご回答いただいた各会員企業の代表者の方とJSUG役職者にご報告するとともに、JSUGサポーター各社にも提供しております。


調査の概要は以下の通りです。

『デジタルビジネス時代に向けたSAPソリューションへの見解

 SAP S/4HANAの導入・活用に関する会員企業の意識調査2022』


 ・現在使用している、または導入を検討しているSAP製品について

 ・S/4HANAへの移行の状況

 ・ECC保守延長の影響

 ・S/4HANA導入に合わせて導入したい技術(DX)

 ・クラウド活用の状況 など


本調査に関するご質問、ご意見のある方は、JSUG事務局(info@jsug.org)までお問い合わせ下さい。


JSUGでは会員企業の企業価値向上に貢献できるよう、来年度以降も継続した調査と情報発信を行っていく予定です。引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。


以上

Comentarios


bottom of page