サポーター

キャップジェミニ株式会社

WingArc1st_2.jpg

キャップジェミニ株式会社(通称:キャップジェミニ・ジャパン)は、世界40カ国以上の拠点をベースに20万人を超える従業員を擁し、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立つ世界有数のキャップジェミニグループ(1967年創業)の日本法人として2013年に設立され、最高レベルの技術と豊富な専門知識を兼ね備えた幅広い統合サービスを提供いたします。日本では、現在金融サービス、エネルギー、製造ハイテク、自動車、ライフサイエンスといった業種で一連の主要なサービスを中心に、お客様の業績と競争力を強化する改革を支援しています。

従来日本市場で行ってきたローカリゼーションや日本化を強みとする競合他社に対して、真の意味でのグローバリゼーション支援へのフォーカスが、日本マーケットにおけるキャップジェミニの競争優位性となりますまた、新しい社会インフラとしてのデジタル技術をベースとした企業と産業、それらを取り巻く社会のトランスフォーメーション(変革)をグループ全体のテーマとして全世界で展開しています。

🔸会社情報

>>公式サイト >>SAPソリューション >> 拠点情報

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-5 大手町フィナンシャルシティ ノースタワー23階

電話:03-6202-2150

設立:2013年2月

事業内容:コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーション



🔸SAPソリューション

国内の多くの産業において戦略的施策としてデジタルを利用し、全社のビジネスプラットフォームをグローバルで標準化、その効用を業績やガバナンスの強化に反映させる取り組みが急速に増加しています。この取り組みでは数十カ国にのぼる海外拠点とのコラボレーションが不可欠です。また、短期間で標準化の実現が経営から求められ、決して簡単ではありません。このためグローバルプロジェクトの経験者を中心としたチームの起用が、国内でも必要とされています。 こうした要請にお応えするため、私共はグローバル化推進の専門チームとしてご支援させて頂いています。当部門のコンサルタントは全員がバイリンガルで、グローバルSAPプロジェクト経験者で構成されています。また、プロジェクト運営は当グループの海外エキスパートとの連合体制が主流となっており、コラボレーションしながら各種プロジェクトを推進致します。


🔸サービスオファリング

グローバル展開計画策定支援 グローバル標準オペレーティングモデル策定 当社のテンプレートソリューションであるPATHを活用し、標準化あるいは多様化による効用を見極めながら、お客様の標準オペレーティングモデルの構築をご支援致します。 デジタル・アーキテクチャー策定 S/4 HANA導入評価サービス S/4 HANAへの移管・導入を検討する企業が急速に増えております。当社ではS/4 HANA導入評価手法であるHighway to S4を活用しS/4 HANA導入を評価計画致します。 グローバル展開(ロールイン、ロールアウト)の推進 プロジェクト特性に適合した国内外のメンバーでチームを編成しプロジェクトをリード致します。 チェンジマネジメント グローバル化に対する現場の考え方の差異を明らかにしミッションの合意形成から進めて参ります。 アプリケーション・マネジメント・サービス(AMS) トランジションからAMS実行、サービス品質の継続的改善、新たなサービスの提案を行います。



🔸リンク

S/4 HANA導入評価手法 Highway to S4

SAP Model Companyの取り組み

SAPPIRE NOW 2019 with Capgemini




🔸JSUG掲載コンテンツ