2019活動紹介

ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)

SAP S/4HANAへのスムーズな移行やSAP Aribaの短期間導入を支援

「SMART Package」で高品質&省コストな導入を実現

IT運用の負荷低減に大きく貢献し、また四半期ごとに新機能がリリースされるSAP S/4HANA Cloudは、既存のECC 6.0ユーザーの多くのニーズが反映された次世代のデジタルコアです。しかし、オンプレミスのERPをSaaSへ移行するノウハウに習熟した企業は、現時点ではごくわずかです。B-EN-Gが提供する「SMART Package」シリーズは、SAPのクラウド製品の導入を短期間・低コストで実現すると同時に、周辺のクラウドサービスとの連携も視野に入れた、製造業に特化した最新のクラウド導入パッケージです。



🔸SAP S/4HANA Cloudの導入は製造業の有力な選択肢の1つ

これまでの製造業界では、自社の業務に合わせて基幹システムをカスタマイズし、さらに可用性やセキュリティの観点からオンプレミスで運用するのが"常識" とされてきました。しかし、クラウド時代を迎えたことで、この考え方は大きな転換期を迎えています。

SAPが提唱する「Fit to Standard」は、標準化された機能に合わせて自社の業務プロセスを見直すことで、システムの横展開をグローバル規模で加速し、どの拠点でも同じ環境で仕事ができるようにする考え方です。この意味で、これからのグローバルビジネスを勝ち抜かなければならない日本の製造企業にとって、SAP S/4HANA Cloud(以下、S4HC)の導入は有力な選択肢と言えます。



🔸製造業に必要な機能に限定しパッケージで短期導入を支援

SAP ERP導入の豊富な経験を備えたビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)が開発した「SMART Package for SAP S/4HANA Cloud」は、S4HCを短期間かつ低コストで導入する、SAP承認済みの製造業向けパッケージです。 S4HCには、SAP社の47年にわたる実績と技術が蓄積された500を超えるBest Practicesのスコープアイテム(End to Endの業務シナリオ)が用意されています。そのため、スコープアイテムを1つひとつ検討していけば、それに長い時間を要します。

しかし本パッケージでは、SAP ERPの機能を知り尽くしたB-EN-Gが、S4HCの多彩な機能の中から製造業で想定される業務シナリオに沿って必要な機能を厳選し、実務に十分耐えうる構成で提供します(図参照:2019年12月現在。今後のS4HCの更新に合わせて変更の可能性あり)。 また 、B-EN-Gは単なるパッケージ提供だけでなく、ユーザー企業からのヒアリングを踏まえて、最適な導入計画の提案も行います。ユーザー企業の目的達成と共にS4HCメリットを最大限に享受できるよう、導入のすべての工程にわたりプロジェクトを強力にリードします。



図:SMART Package for SAP S/4HANA Cloud がカバーする機能(赤枠)



🔸B-EN-Gの豊富な経験から生まれたベストプラクティス

「SMART Package for SAP S/4HANA Cloud」では、シンプルでユーザビリティに優れたシステムを即座に安心して利用でき、実際に運用しながら自社に最適な機能の追加やオプション選定を進めていくことができます。なお、オプションとしてAI搭載のBI機能を提供するSAP Analysis Cloudのほか、さまざまな周辺ソリューションとの連携も用意されています。 本パッケージがユーザー企業にもたらすメリットとしては、大きく以下の3つが挙げられます。

① SAP S/4HANA Cloudのメリットを短期間で享受 製造業に必要な業務機能を短期間・低コストで導入できます。導入期間や工数、作業は計画の段階で明確化し、コストは抑制されます。

② 豊富な導入経験から生まれたベストプラクティス B-EN-GのSAP ERP導入の豊富な経験から生まれたベストプラクティスをパッケージに反映。これらを自社のシステム機能としてすぐに活用できます。

③ 海外拠点のガバナンス統合 大きな運用負荷が発生しないSaaSなので、小規模な海外拠点にも展開が可能。SAPの経営管理ソリューションと組み合わせた運用も可能です。



🔸SAP Aribaを12週間で導入調達業務の変革を実現

B-EN-Gでは、デジタルコアとしてのSAP S/4HANAやS4HCを取り巻くさまざまなクラウドサービスとの連携も支援しています。その1つが、製造業に欠かせない調達・購買業務をクラウド上で支援する「SAP Ariba」を、わずか12週間で導入できる「SMART Package for SAP Ariba Snap Source-2-Pay」です。 調達・購買業務には、バイヤーとサプライヤー間の紙の書類でのやり取りの煩雑さやコンプライアンスなど、依然として多くの課題が残っています。こうした課題を解決できるのが、調達から支払までの一連のプロセスをクラウド上で統合管理する「SAP Ariba」です。しかし、多彩な機能が搭載されたSAP Aribaは、機能の選定を含む要件定義にかなりの時間を要し、導入に半年から1年程度の時間がかかるのが通常でした。この期間をわずか12週間にまで短縮したのが、「SMART Package for SAP Ariba Snap Source- 2-Pay」です。



🔸導入資料やテンプレートをすべて日本語で提供 「SMART Package for SAP Ariba Snap Source-2-Pay」では、SAP Aribaの電子購買機能の中から初期導入に最適な機能を選定し、組み合わせています。まずは主要かつ効果の高い機能に絞って短期導入することで、SAP Aribaのメリットを即座に実感することができます。同様のパッケージの中でSAPの認定を取得しているのは、日本国内の企業ではB-EN-Gだけです(2019年10月現在)。

特に注目したいのは、日本のユーザーを強く意識している点です。パッケージには、SAP Ariba導入に必要な資料がすべて盛り込まれています。Aribaの概要資料、WBS、承認ワークフローなどの各種テンプレート、動画の操作マニュアルなどです。これらの資料には多数の日本のお客様への導入支援で得たノウハウが含まれており、日本企業に適した内容となっています。もちろん言語も日本語で作成されているため、ユーザーは難解な英文資料に悩まされることはありません。



🔸Amazonなどの外部サイトと連携した購買プロセスもサポート

12週間で導入するSAP Aribaでは、具体的にどのような機能が利用できるのでしょうか。その好例の1つが、外部のサイトと連携したカタログ購買です。本パッケージでは、すでにアマゾンの法人向けサービス「Amazon Business」などと連携した購買プロセスがカバーされています。その他にも、サービス商材(人材派遣契約、保守契約、廃棄物契約など)や、注文書のいらない購買プロセスもカバーしています。こうした機能は、SAP Aribaのメリットをいち早く獲得したいユーザーにとって大きな意味を持つはずです。 今回ご紹介した2つのパッケージにとどまらず、B-EN-GではSAP S/4HANA Cloudの導入から周辺のクラウドサービスとの連携に至るまで、幅広い支援体制を整えています。クラウド時代のIT変革を目指すSAPユーザーに向けて、B-EN-Gは高い付加価値サービスを提供します。




図:日本企業の購買活動に必要な自動照合、チェック機能、レポートなどをサポートするSMART Package for SAP Ariba Snap Source-2-Pay



パートナー企業

ビジネスエンジニアリング株式会社