2021活動紹介

FPT ジャパンホールディングス株式会社

短期間・固定費用のSAP S/4HANAマイグレーションサービスと
低コスト高品質なAMSサービスでお客様のDXを支援するFPTジャパン

SAP S/4HANAへのマイグレーションは急務です。しかしエンジニア不足と年単位のマイグレーション、高いコストは大きな課題。同じく急務であるDX推進まで手が回らない現実があります。そこでFPTジャパンは、短期間プロジェクトを実現する「マイグレーションサービス」と、お客様に寄り添った運用保守を実現する「AMS サービス」を提供しています。


3つのPoints

・短期間で実現するマイグレーションサービスはなんと固定価格

・お客様に寄り添う運用保守サービスは海外進出を全力サポート

・迅速なマイグレーションと低コストである理由はDX推進のため



🔶グローバルだからこそ実現したFPTジャパンのサービス


FPTジャパンホールディングス(以下FPTジャパン)はベトナム最大のIT企業である、FPTソフトウェアの日本法人です。エンドユーザに近い場所で仕事をしたいという思いから、日本に拠点を設立。グローバルを拠点に、SAPシステムに関する24・365の運用保守やマイグレーションサービス、多言語対応やDXサポートなどを行っています。日本以外にも各国に多くの拠点を展開しており、ベトナム・スロバキア・タイを始めとし、アメリカ・ドイツなどにも拠点がある、まさにワールドワイドな体制です。


エンジニアはベトナムなどを拠点に活動しており、お客様の近くにいるメンバーが間に立ち、円滑にプロジェクトを進めます。フロントに立つメンバーは日本人をはじめ、ベトナム人も対応します。担当する海外のエンジニアは、日本に長く住み、商習慣や文化・考え方を熟知したメンバーが対応するため、コミュニケーションロスの心配はありません。


言語の問題からコミュニケーションに不安を持たれることもあるでしょう。しかしFPTジャパンであれば心配はいりません。エンジニアは、日本語はもちろん英語やその他の言語も堪能なため、円滑なコミュニケーションをお約束します。


今回は、数あるサービスの中から、「FPT SAP S/4HANAマイグレーションサービス」と「AMS(運用保守)」についてご紹介いたします。




 

🔶短期間かつ固定価格のマイグレーションサービス


まずマイグレーションサービスです。SAP S/4HANAへのマイグレーションを影響箇所・修正箇所の分析からスケジュール策定、本番稼働までをパッケージ化し、ごく短期間・低価格でのマイグレーションを実現します。


マイグレーションを行う際、企業は大きく3つの課題があります。ひとつは人材です。エンジニアはもちろん、コンサルタントなど多くの場面で人材が不足している状況から、円滑にプロジェクトを進行できない恐れがあります。2つ目は時間です。マイグレーションを早期に終わらせなくては2025年問題に間に合いません。仮に、同時にDXや最新ITの導入を並行しようと考えた場合、より工数が逼迫することになります。そして3つ目がマイグレーションに掛かるコストです。私たちのサービスは、このすべての課題を解決できます。


その秘密はプロジェクトの進め方に関する工夫と、優秀なエンジニアによるオフショアにあります。

一般的にマイグレーションは長い期間が必要です。よいタイミングだからと、同時にDXやIT導入を並行すると、プロジェクトはさらに長期化します。そこでまずはSAP S/4HANAへのマイグレーションに注力し、短期間で完了させます。並行してFPTジャパンが、貴社内にDXに関する人材を育てるのです。この結果、マイグレーションの完了後、一丸となりじっくりとDXやIT導入に取り組めます。短期間でのプロジェクト完了に、FPTジャパンの優秀なエンジニアが寄与していることはいうまでもないでしょう。


一方で短期間/低コストと謳っても、実際にどの程度かかるのか不安に思う企業も多いと考えます。FPTジャパンではこうした不安を払拭するために、明瞭なパッケージを用意しました。それが「FPT SAP S/4HANAマイグレーションサービス」で、マイグレーションの期間は6か月、費用は8,900万円(税別)です。


 

🔶5年後のランニングコストを50%にするAMSサービス


そして多くの日本企業が海外進出を行う際に選ばれているのが、FPTジャパンの「AMSサービス」です。多くのリソースを抱えるだけでなく、コスト面でも品質面でもご満足いただいています。SAPシステムの専門家であるスタッフは、前述したようにコミュニケーションに関する不安はありません。もちろん、日本のビジネスタイムに合わせた対応が可能です。


「AMSサービス」は、大きなコスト削減を実現しますが、これは単に目先の数字だけの話ではありません。将来を見据えた行動のためのコスト削減なのです。これまでの運用保守費用=ランニングコストと比較すると、5年間後には30%〜50%を削減可能。これはオフシェアを活用することによるコスト削減と、RPAやAIなどを活用した持続的なコスト削減、そして開発と連動したデリバリモデルによるものです。


FPTジャパンは削減できたコストを、DXなどといった企業の将来にむけた投資に活用していただきたいと考えています。「AMSサービス」はただコストを下げるだけではなく、企業の将来に対する投資に寄与できるのです。


なお海外進出先に、FPTの拠点がない場合もご安心ください。このような場合、貴社の進出にあわせて拠点を設けることも可能で、すでに実績もございます。進出先でのAMSにお悩みの際はぜひお問い合わせください、お客様に寄り添ったサポートをお約束します。


 

🔶迅速&低コスト。すべてはDXのために


 FPTはDXに関するサポート、コンサルティングも行います。DXのみをご相談いただけることはもちろん、まずマイグレーションだけを素早く終わらせ、その次にDXを推進する。またはAMSサービスによって削減できたコストをDXに回すといった場合も、FPTジャパンがDXを支援します。


 迅速なマイグレーションサービスと、お客様に寄り添うAMSサービスは、どちらも高品質で低コストを実現しています。これはどちらも、企業の将来に対する投資= DXを円滑に進めるためなのです。お客様も含めてワンチームで取り組むFPTジャパンのサービスを、ぜひご検討ください。



<<パートナー企業>>