サポーターオリジナル限定資料

JSUGサポーターから提供された、SAPビジネスに関連する最新事例や、新製品・ソリューションカタログ、ビジネスノウハウが詰まったPDFや技術的・専門的な資料としてのホワイトペーパーなど、会員の皆様に向けた価値ある情報を限定コンテンツとしてご紹介します。
※当コンテンツの閲覧にはJSUGNETへのログインが必要です。JSUGNETについては、こちらをご確認ください。

限定コンテンツリスト

SAP環境のクラウド化 アセスメントサービス

ハードウェア保守やSAP保守サポート終了に伴った既存SAPインフラ環境の更新、また2025年を見据えたアプリケーション刷新、新規SAP導入など、検討を始めていらっしゃるお客様は、ぜひマイクロソフトのアセスメントサービスを活用ください。既存環境の分析・評価、クラウド移行後の構成・方式・費用感算出を無償で対応いたします。SAPとクラウド両方の知識・経験を兼ね備えたアーキテクト(グローバルブラックベルト)が、アプローチを検討するところからご一緒させていただき、お客様に最適なシステムを提案していきます。お客様に提案をされているパートナーの皆さまももちろん活用頂けます。

[提供サポーター]
日本マイクロソフト株式会社
[掲載日]
2017.11.06

Microsoft AzureへのSAP NetWeaverおよびSAP HANAのデプロイについて

Microsoft Azure上の高可用性環境でSAP HANAを構築するためリファレンスアーキテクチャーを紹介します。推奨アーキテクチャーとそれを構成するコンポーネント、スケーラビリティの確保の仕方をはじめとして、可用性確保、管理機能、セキュリティに関して押さえておくべき検討事項について解説しています。

[提供サポーター]
日本マイクロソフト株式会社
[掲載日]
2017.11.06

Microsoft Azure IaaS に関する Total Economic Impact™
Azure IaaS で実現する 費用削減、新たな収益機会、ビジネス上の便益

Forrester Total Economic Impact(総合的経済効果)ではMicrosoft AzureのIaaSを中心に導入した企業(グローバル6社)を対象に、その導入経済効果(コスト削減効果、売上機会、ビジネス経済効果など)を定量的に調査し、1つの架空の"モデル企業"としての総合的経済効果を算出しています。Azure IaaS環境へ移行することで5年間でデータセンタ―費用が73%削減され、ITアウトソーシング費用が75%削減されます。また、Azure移行後のWebサイトパフォーマンス向上により平均売上が38%増加することが報告されています。詳細はレポートで確認ください。

[提供サポーター]
日本マイクロソフト株式会社
[掲載日]
2017.10.27

Microsoft Azure PaaS に関するTotal Economic Impact™
Azure PaaS によって実現される費用削減とビジネス上の便益

Forrester Total Economic Impact(総合的経済効果)ではMicrosoft AzureのPaaSを中心に導入した企業(グローバル8社)を対象に、その導入経済効果(コスト削減効果、売上機会、ビジネス経済効果など)を定量的に調査し、1つの架空の"モデル企業"としての総合的経済効果を算出しています。Azure PaaSを活用することで、ITによるアプリケーション運用・管理費用が80%削減、アプリケーション開発・テストリソースがアプリあたり25時間分削減され、1プロジェクト毎のサービス展開が50%短縮できるようになることが報告されています。詳細はレポートで確認ください。

[提供サポーター]
日本マイクロソフト株式会社
[掲載日]
2017.10.27

商社、流通業、卸売業向けSAP S/4HANAテンプレート
「Add-Value for Trading」

多くの企業が近い将来、SAP S/4HANAへの移行を想定して実施時期の検討に入っています。
現行システムのそのまま移植/ゼロからの再構築も含めて、SAP S/4HANAの事前検証や環境構築などの準備期間に差し掛かっている現在、SCSK株式会社ではSAP S/4HANAを先行検証してきたノウハウを活用した商社、流通業、卸売業向けの導入テンプレート「Add-Value for Trading」を提供し、非製造業のお客様のニーズに応えています。

[提供サポーター]
SCSK株式会社
[掲載日]
2017.10.02

SAP Cloud Application Consulting Service

「SAP Cloud Platform」はSAP ERPを利用している企業はもちろん利用していない企業にとっても、業務を高度化したり、既存システムを近代化するプラットフォームとして豊富なツール群を備えるクラウド型プラットフォームです。
クニエは「SAP Cloud Platform」の上でのアプリケーション開発でお客様と共に多くの成功体験を積み重ねてきました。その経験を元にクラウド、モバイル、ソーシャル、IoTなどの技術と実績に裏付け、お客様のビジネスに貢献できるのが、クニエの「Cloud Application Consulting Service」です。

[提供サポーター]
株式会社QUNIE (NTT DATA Group)
[掲載日]
2017.09.07

製造現場KPI評価の取り組みの秘訣

製造業の競争力の維持・向上のために、製造に直接関与している製造ライン部門に焦点を当て、更にその中の「製造現場KPI評価」の取り組みについて、実施における秘訣を紹介します。そして、昨今のIoTやAIといった情報技術も考え合わせた、システムアーキテクチャーの考え方にも触れます。
「製造現場のKPI評価を実現し、生産性を向上させる」計画を現実とする一助としてご活用ください。

[提供サポーター]
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
[掲載日]
2017.08.28

SAP Cloud Appliance Library(CAL)によるAmazon Web Services上へのS/4HANA検証環境構築

SAP S/4HANAベースのプロジェクトの準備・計画フェーズの初期段階で、実機を使った技術検証(PoC:Proof of Concept)を実施されることが一般的になりつつあります。SAP社ではSAP Cloud Appliance Library(CAL)を提供しており、本ツールを利用することで安価かつ迅速にAmazon Web Services上へ検証環境を構築して最新S/4HANA環境をお試し頂くことができます。本ホワイトペーパーでは、ステップバイステップでCALの利用手順を解説しており、初めての方でも容易に着手頂けます。

[提供サポーター]
株式会社BeeX
[掲載日]
2017.08.23

SAP Cloud Appliance Library(CAL)によるMicrosoft Azure上へのS/4HANA検証環境構築

SAP S/4HANAベースのプロジェクトの準備・計画フェーズの初期段階で、実機を使った技術検証(PoC:Proof of Concept)を実施されることが一般的になりつつあります。SAP社ではSAP Cloud Appliance Library(CAL)を提供しており、本ツールを利用することで安価かつ迅速にMicrosoft Azure上へ検証環境を構築して最新S/4HANA環境をお試し頂くことができます。本ホワイトペーパーでは、ステップバイステップでCALの利用手順を解説しており、初めての方でも容易に着手頂けます。

[提供サポーター]
株式会社BeeX
[掲載日]
2017.08.23

「Liquid UI」によるSAP入力画面の簡素化とモバイル対応

「Liquid UI」の導入により複雑なSAP画面を、SAPシステムへの変更なしに統合・簡素化し、入力画面数および入力時間を大幅に削減することができます。
また、「Liquid UI」を通じてモバイル端末からのSAP利用を可能にし、お客様先や保守・保全の現場など場所を選ばずにタイムリーに在庫確認、受発注、データ照会・入力などを実現できます。

[提供サポーター]
NTTデータ エンタープライズ・アプリケーション・サービス (NTT DATA Group)
[掲載日]
2017.08.17

SAP S/4HANAへ ~調査・分析アセスメントのご紹介~
SAP S/4HANAアセスメントサービス

2025年の現行SAP ERP6.0のサポート終了に伴い、近年S/4HANA移行の検討を始めるお客様が急増しています。検討には先ず、"いまの姿を可視化し再構築に必要なリソース(時間とコスト)を定量的に把握することが重要"になります。
MKIは、本格検討に向け、手軽に始められるアセスメントサービスを提供致します。

[提供サポーター]
三井情報株式会社
[掲載日]
2017.07.11

MKI-Trade Suite
「日本の力を世界に広げるグローバル基幹システム」

MKI-Trade Suiteは、MKIの商社・卸売業における豊富なシステム構築ノウハウを基に、SAP ERP6.0をベースにした商社・卸売業・メーカー販社向けテンプレートです。
商社、販社に必要なビジネスシナリオ、データ活用基盤も完備し、海外展開に必要な40ヶ国の税務要件、商習慣に対応しています。海外でビジネスを展開される企業のグローバル経営を強力にサポートします。

[提供サポーター]
三井情報株式会社
[掲載日]
2017.05.10

アナリティクス:コグニティブ時代の幕開け
「77%と11%」―好業績企業と低業績企業の差とは?

コグニティブ技術はすでに一部の企業によって実用化されている。世界6,050人以上の経営者層に対するコグニティブに関する意識調査を通じて明らかになった、好業績企業と低業績企業の違いとは何か。データ活用に対する正しい心構えや堅固なデータ基盤、さらにはそれらを使いこなすためのスキルとは。

[提供サポーター]
日本アイ・ビー・エム株式会社
[掲載日]
2017.05.10

[国内事例] SUSE、アビームコンサルティングの基幹システム基盤に採用
最新の国内事例のご紹介。アビームコンサルティングが刷新した社内基幹システムにより効率的な経営環境を実現。SAPとSUSEをベースに開発した基幹システムへの知見を基に、クライアントへ展開可能なソリューションをご紹介します。

[提供サポーター]
SUSE (ノベル株式会社)
[掲載日]
2017.05.10

IBM Watson を活用した次世代超高速開発
  • ・システム開発期間を約半分に
  • ・プロジェクト管理コストを約30%効率化(*IBM試算)
  • ・ビジネスに最適な IT システム / サービスを、「より早く」「より安く」「より高品質」に
[特徴]
自ら理解・推論・学習し、人間の知識労働をサポートするコグニティブ・テクノロジーを採り入れた、これまでにはない新しいアプリケーション開発ソリューションです。
システム開発プロセス改善活動を通じて見出したIBMの知見や膨大なデータ(ノウハウ)をベースにしています。
高度化・複雑化し、人間だけでは制御できなくなりつつあるシステム開発やプロジェクト管理のさまざまな課題に対応します。

[提供サポーター]
日本アイ・ビー・エム株式会社
[掲載日]
2017.05.10

基幹システム特化型IaaS CUVICmc2のご紹介

ミッションクリティカルなシステムに特化したクラウド基盤「CUVICmc2」は、「性能保証」&「高度なセキュリティ」を実現しつつ、「システムリソースの実使用量に応じた課金」により、高品質なIaaSを パブリッククラウドやプライベートクラウドよりも低コストで提供するソリューションです。「基幹システム特化型IaaS」分野の先駆者でありトップベンダーである 米Virtustream社と業務提携を結び、彼らのノウハウと特許技術を活用して、 VMwareベースの汎用的なシステム基盤をCTCの堅牢なデータセンターから提供します。

[提供サポーター]
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
[掲載日]
2017.04.06

inERPia® (イナーピア) SAP Hostingサービス

「inERPia® (イナーピア) SAP Hostingサービス」は、SAP ERPの利用環境に特化したクラウド型のホスティングサービスです。現在利用されているSAP環境を、高品質かつ低価格なアウトソースサービスとしてプライベートクラウドの形態へ移行し、お客様が直面されている様々な課題に、柔軟かつ迅速に対応します。

[提供サポーター]
NTTデータ グローバルソリューションズ (NTT DATA Group)
[掲載日]
2017.04.01