ニュース

JSUG国際派遣プログラムでのインド バンガロールへの派遣募集のご案内

JSUG事務局長 神戸 信光

JSUG国際派遣プログラムでは、今回、インド バンガロールへの派遣について数名募集致します。


JSUG国際派遣プログラム(Bengaluru)企画書

1.目的
SAP/Solution Delivery Center(SDC)並びに在印大手IT企業3社を視察し、今後の日本におけるS/4 HANAへのmigrationを背景としたSI需要を鑑みた、インド系大手IT企業との取り組み方法やリソース活用検討の備えとする。

2.日程と参加人数
 A) 10月22日(月)~24日(水)
   (バンガロール現地集合、現地解散)
   ※日本~バンガロールのディスカウント・エコノミー航空運賃を含む交通費、及びホテル代はJSUG負担。
 B) 国際派遣メンバー数名(リーダーは植田JSUG常任理事)

3.プログラム概要
 A) SAP/SDC(Solution Delivery Center)訪問:10月22日(月)PM、23日(火)AM
 B) TCS/Infosys/Wipro訪問:10月23日(火)PM、24日(水)AM、PM
   (各半日ずつの予定)
 C) 25日(木)以降も滞在可能な方で、希望者がいる場合にはオプションとして
  Tech Mahindra社への訪問も検討中です。

4.応募資格
 A) JSUG会員であること
 B) 各部会長・フォーラム長の承認、推薦を得ること
 C) 現地では、SAP/SDCやインドに本社を置くサポーター企業を訪問し、S/4 HANAへのmigrationなど、
   在印大手IT企業のSAP関連業務に対する知識/経験を調査し、
   協働する際の課題やケミストリーについて深堀する機会を持つ。
   先方キーマンとの会話、議論などが中心となるため、以下を要件とする。
    ① 英語で質問し、発言できること(通訳はありません)。
    ② SAPに関連する業務/システムに対する理解があり、
     より良いビジネス価値の創出に向けた変革への意欲が強いこと。

5.応募方法
 A) 以下のフォームにて、応募者氏名・会社名、志望動機、自己紹介(英文)を記載し、
   所属する部会長・フォーラム長経由、メールにてJSUG事務局 info@jsug.org へ提出。
 B) 応募者多数の場合は、常任理事会で検討の上、決定する。
 C) 応募締切:9月6日(木)まで。


国際派遣プログラム(Bengaluru)応募フォーム
 1.氏名及び会社名

 2.帰属する部会・地域フォーラム

 3.応募動機と派遣プログラムへの期待

 4.自己紹介(英文) 数行で結構です。

 5.部会長・フォーラム長の推薦コメント