ニュース

「JSUG会員意識調査2018」についてのご協力のお願い

JSUG会長 鈴鹿 靖史

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
JSUGでは、2016年度から毎年、法人会員企業のS/4HANA移行等に関する意識調査を実施し、その結果をご回答いただいた法人会員企業、および、サポーター企業各社に共有してまいりました。
概要については、JSUGNET上でも、以下の通りご報告しております。
http://www.jsug.org/news/2017/11/001619.html

昨年度の意識調査では、各企業が抱える課題やサポーター各社への期待が明らかになり、他社動向を理解する上でも大変参考になるとの声を、多数頂戴しました。
益々激しさを増す環境変化の中、JSUGではSAP S/4HANAやクラウド等、重要なトレンドについて、継続してユーザー企業の動向調査を行い、その結果を会員企業に還元していく所存です。今年度も引き続き調査を行い、年々の変化も把握できるようにしたいと願っております。
今年度は、昨年度の調査内容をベースに、デジタルトランスフォーメーションに関する項目を若干追加しながら、回答しやすい形を維持したまま、JSUG会員意識調査を実施することと致しましたので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「JSUG会員意識調査2018」実施要領
 主催:JSUG

 調査対象:JSUG法人会員企業
 (法人会員企業、1社につき1回答。JSUG法人会員企業の代表者として登録されている方に送付)

 調査期間:2018年6月19日~2018年7月31日

 調査結果:2018年9月頃 JSUGNETにて概要報告予定
 (回答をいただいた法人会員企業、および2018年度JSUGサポーター企業のみに、
 「調査結果及びその分析報告」をお送りします。)

 アンケートの質問項目
 ・現在使用しているか、導入を検討しているSAP製品について
 ・S/4HANAへの移行検討状況
 ・クラウド検討状況
 ・グローバル展開状況 等

調査結果の精度を高めるために、今年度も、1社につき1回答としていますので、意識調査用紙は、JSUG法人会員企業の代表者として登録のある方のみにお送りしております。
JSUGでは、100%の回答率を目指しております。法人会員企業様のご回答が、この意識調査の価値をより高めることになりますので、趣旨をご理解の上、是非ご回答いただきますよう、ご協力を心からお願い申し上げます。

敬具